鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 のブログです。 過去の作品、今後の出品予定をお知らせします。 よろしくお願いします。    なお、このブログは、125%に拡大すると見やすくなります。
ベトナム人アーティスト ディン・Q・レ
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

先週まで、東京・森美術館で、

ベトナム人アーティスト

デン・Q・レ展が開催された。


カンボジアとの国境地域に

生まれ、ポル・ポト派の進攻

から逃れ
10歳で渡米

その時の思いを

表現したのがこの作品。


デン・Q・レ④

ゴザを編むところから

ヒントを得たこの作品。

ポル・ポト派に

虐殺された人びとと、

破壊された遺跡

2つの写真を切り刻んで

編みこんだ作品



デン・Q・レ②

アメリカの大学に通ったレ。

授業の内容が、「アメリカ人

によるベトナム戦争体験

に偏っている
」と感じ、

アメリカ人とベトナム人

犠牲者数を実数で表し

報道写真を組み合わせて表現。


デン・Q・レ③

一見するとかわいらしい人形。

しかし、

どれも身体は1つ頭は2つ

ベトナム戦争で使用された

枯葉剤の影響をこうして表現。


デン・Q・レ①

最近の作品では、

2014年制作の「バリケード」。

積み重ねられる

フランス植民地時代の古い家具

後ろから聞こえるのは

アルジェリア人のラップ

ベトナムもアルジェも

フランスの植民地
だった

歴史を掘り下げた作品。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
スポンサーサイト
マスコミ報道を考える・・・戦争法での石田純一、室井佑月らの発言から
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

今日は、戦争法をめぐって

マスコミ報道を考えてみたい

添付した画像は、

石田純一さん、室井佑月さんの

国会前でのスピーチを掲載した

「しんぶん赤旗」。


国会前スピーチ 石田、室井

石田さんのスピーチからは、

子育て中の石田さんの思いが

ひしひしと伝わってくる。

ところが、マスコミでは

「戦争は文化じゃない」と、

かつての迷言との対比だけを報道。


室井さんのスピーチは、

そんなマスコミに「しっかりしろ」と

批判しながらも、あたたかく

はげます気持ちがこもっている。


同じことが、日本共産党が発表した

戦争法廃止の国民連合政府の提案

についてもおこっている。




提案は、

①戦争法廃止、安倍政権打倒の運動の発展

②戦争法廃止の一点で、国民連合政府をつくる

③そのために、野党の選挙協力を求める


3本の柱があって

中心は②の一点共闘で

戦争法廃止の国民連合政府

をつくること


ところが、マスコミは

①②を飛ばして、

③の選挙協力だけを報道している

室井さんに批判されても

まったくわかっていない。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックを
ブログ村のランクに反映されます。