鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 のブログです。 過去の作品、今後の出品予定をお知らせします。 よろしくお願いします。    なお、このブログは、125%に拡大すると見やすくなります。
3月のアンデパンダン展に出品します
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

年内最後の更新です。


2015年は、3月

日本アンデパンダン展

から、作品発表です。

「手あそび」シリーズ

最後の展示になります。


その後、夏の展覧会

にむけて新作の制作

に入ります。


アンデパンダン15 チラシ

3月18~30日
(24日休館)

国立新美術館
(東京メトロ千代田線

乃木坂駅下車6番出口)

よろしくお願いします。


追伸

前回まで3回シリーズ

でお知らせした

リー・ミンウェイ展は

新年4日までです。

年末年始無休ですので

興味のある方は、

お急ぎください。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
スポンサーサイト
リー・ミンウェイ・・・六本木で参加型作品その3
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

さて、リー・ミンウェイ

六本木で参加型作品

紹介の3回目です。


リー・ミンウェイ⑤

写真は、

プロジェクト・繕う

鑑賞者が持ち込んだ

布や衣類を繕って

壁と糸で結んでいきます。

作者と鑑賞者との

交流の瞬間
です。


リー・ミンウェイ⑥

こちらは、

プロジェクト・ともに食す

ミンウェイが

見知らぬ誰かを

食事に誘い


対話のなかで関係を

築いていく作品


会期の最初のころは、

会食希望者を会場で

募って、抽選したようです。

現在は、作品の後ろで

会食の様子を映像として

流していました。



以上、3回にわたって

紹介してきました。

会期は1月4日までですので、

興味をもった方は

お早目に。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
六本木で、参加型作品その2 (リー・ミンウェイ展)
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

六本木で参加型作品

その2です。

前回に続いて、

森美術館で開催中

リー・ミンウェイの作品です。


リー・ミンウェイ③

木の箱が並ぶこの作品は、

「布の追想」です。

幼いころ、

お母さんの手作りの服に

元気づけられたミンウェイが、

布でできた思い出の品を

公募で集め、鑑賞者に

箱を開けてみてもらう作品です。


リー・ミンウェイ④

こうやって、箱を開けて

みてもらいます。

ユーチューブで、公式の動画が

アップされていましたので、

以下に紹介します。




さて、リー・ミンウェイの作品は、

次にもう1回紹介しましょう。

それでは・・・。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
六本木で、参加型作品(森美術館)
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

現在、六本木ヒルズ

森美術館

リー・ミンウェイとその関係

が開催されています。

私と同じ、

インスタレーション作品ですので、

大変参考になります。

例えば、この作品。


リー・ミンウェイ①

「ひろがる花園」

鑑賞者に花をもって帰ってもらい

帰る途中に偶然会った人に

その花を渡すことで

見ず知らずの人と

花を通じて交流する企画です。


こちらの作品は、


リー・ミンウェイ②

「ともに眠る」

2つのベッド。

片方で、作者が、

もう一方で、

抽選であたった誰かが、

一晩をいっしょに過ごす企画。


他の作品は、

また、次回紹介しましょう。

それでは・・・。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
いつの間にか・・・秘密保護法施行
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は、125%でご覧ください。

さて、しばらく更新していなかったら

いつの間にか

秘密保護法が施行されていました。

私たち、社会問題を作品にして

制作・発表しているものとしては

大変気がかりです。


しかも、それを推進する

自公が、選挙で「大勝」。

しかし、「大勝」した自民党は、

僅かながら議席を減らしているし、

得票率は3割強

小選挙区制という

極端に大政党に有利な

不公平な制度のおかげで

勝った
にすぎない。

小選挙区制を廃止するしかない。


ただ、そんななかで、

正面から対決し、対案をしめす

日本共産党が躍進したことが、

希望でしょう。

秘密保護法にも、集団的自衛権にも、

反対してるんだか、賛成してるんだか

わからないような野党が多い中で、

光明を見出したような結果です。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。