FC2ブログ
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 のブログです。 過去の作品、今後の出品予定をお知らせします。 よろしくお願いします。    なお、このブログは、125%に拡大すると見やすくなります。
アジアにめざめたら…アートが変わる、世界が変わる
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は125%で、ご覧ください。

前回紹介した近代美術館

での2つの展覧会。

アジアにめざめたら


アートが変わる、世界が変わる

の方を少し紹介します。

会場は基本撮影禁止

ですが撮影可が2作品


FXハルソノ

インドネシア

FXハルソノ

もしこのクラッカーが

本物の銃だったら

どうする


日常の中に潜む暴力

を問いかけている。


タン・ダウ

シンガポール

タン・ダウ

彼らは犀(サイ)を密猟し、

角を切ってこのドリンク

を作った


密猟し儲けている

企業を告発
した作品。


最後にこの展覧会を

紹介した「赤旗」日刊紙と

雑誌「前衛」の記事を紹介する。


≪前号の記事を参照≫☜クリック

アジアにめざめたら 日刊紙

アジアにめざめたら 前衛


にほんブログ村
↑よろしければ1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
スポンサーサイト
「どこへ行く?」・・・北脇昇クォ・ヴァディス
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は125%でご覧ください。

今、国立近代美術館

注目すべき展示が!!

1つは「遠くへ行きたい

コレクションによる小企画


北脇昇①

このなかで、北脇昇

クォ・ヴァディス

どこへ行く? が。

戦後の出発にあたって

右の荒野か、左の民衆か

足元の殻にこもるか。


クリック☞2016.5.18ブログ

アジアにめざめたら ポスター

一方「アジアにめざめたら

アートが変わる、世界が

変わる1960-1990年代


の方は、社会と熱く

リンクする展示
だ。

以下に、金子徹記者と

武居利史学芸員の

「赤旗」日曜版記事を

添付する。


アジアにめざめたら、アートが変わる、世界が変わる


にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
デニー当選……沖縄県知事選から4日たって
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は125%でご覧ください。

翁長知事逝去にともなう

沖縄県知事選挙

辺野古新基地建設反対

訴える玉城デニー氏

当選し4日たちました。


デニー当選 180930
知事選勝利を喜ぶデニー氏ら(10月1日付け「赤旗」より)

翁長前知事の妻樹子さんは

この選挙は静かに

見守るつもり
」でしたが

「(自民・公明の)国会議員が

みんな来たと思うくらい

押し寄せてきた」ことに、

米軍がやった銃剣と

ブルドーザーを、日本政府

が沖縄県民にやろうとした


沖縄県知事選 全面広告 189027


静かに考えさせる気は

ないのか。もう耐えられない


立ち上がりました



私が8月に沖縄に行った

ときにも、たくさんの人びと

が立ち上がる感動が。


名護で古堅さん、宮里さん 2018
名護の共同センターで古堅実吉元衆議院議員(中央)、宮里政秋元県会議員(左)

名護の共同センターで

お会いした古堅実吉さん、

宮里政秋さん。

かつてアメリカ全面

占領下の沖縄で、

沖縄人民党の瀬長亀次郎

さんが那覇市長になったとき、

米政府が市の口座を凍結

して妨害
。このとき、

市民が直接納税に列を

つくった
エピソード。

このときの市職員が

宮里さん


辺野古 座り込み 2018

辺野古の座り込みには

岸本建夫元市長の

息子さん
も参加。

岸本市長は、辺野古

新基地推進派では

あったが
2月6日の

当ブログ参照
)、

いろいろ思うところ

があったのか、

在任中に建設強行を

しなかった
(できな

かった?)のも事実。

立場は違えど

その息子さんが

父の遺志を継いで

座り込みに参加して

いる
ことを感慨深く

感じました。



にほんブログ村
↑よろしければ、1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
3月のアンデパンダン展「批評と感想」を紹介します
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は125%でご覧ください。

3月に開催された

日本アンデパンダン展

6月に批評と感想」が

できていました。

遅くなりましたが

紹介します。


批評と感想 2018アンデパンダン

林の作品は、3か所に

記載が
ありました。

作品の画像が紹介

されているページ、

右側、上から2番目

沖縄2018」。


批評と感想(作品) 2018アンデパンダン

本文中では石川雷太氏が、

今年のインスタレーション

の部屋は、私たちの存在の

根幹たる“イノチ”に対する

眼差しが強く感じられた
」と

いつくかの作品を紹介。

私の作品は、「ビール瓶

に『美ら海』の写真の

ラベルが貼られた

レディメイド。

もちろん海は

“イノチ”の母だ
」と紹介。



にほんブログ村
↑よろしければ1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。
ノー・ウォー横浜展に出品しました…沖縄2017/2018
鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。
PCの方は125%でご覧ください。

更新が遅くなりましたが

ノー・ウォー横浜展

出品しました。


沖縄2017・2018

今年、2回発表・展示した

沖縄2018と、


沖縄2018上部 ヨコスカ
沖縄2018全景 ヨコスカ

昨年発表した

沖縄2017とを

組み合わせた作品


沖縄2017 絵画部分
沖縄2017-2③

今年の沖縄2018が

参加型ではなかったので

この作品が、

今年初めて

観賞者参加型でした。



にほんブログ村
↑よろしければ1クリックを!
ブログ村のランクに反映されます。